×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

□ Stage4 □



<< Stage3 TOP Stage4Boss >>

はじめに / Stage1 / Stage2 / Stage3 / Stage4Boss / Stage5 / Stage6

◆ 道中前半 ◆

道中が非常に長いため、集中力を切らさないように。また、敵の数はもちろん、種類も多くなっているため、パターン化が非常に重要となる。
妖々夢クリアの肝となるステージなので、安定して突破できるようにプラクティスで練習をしておこう。

最初に画面左右から自機狙い連弾を撃つ毛玉編隊が8セット登場する。左から左右交互に出現するが、5セット目以降は左右両方から出現する。
4面道中前半1 4面道中前半2
左右交互に出現する4セット目までは出現する側で待機しておけばいい。5〜7セット目は画面左右に寄っておき、上下に避けつつ攻撃していく。避ける際も弾の動きを見て避けるようにすること。
幻符の場合、低速ショットで攻撃しようとすると補足しきれずに撃ち漏らすことがある。そのため、ここは高速ショットで攻撃するようにしよう。

テロップが消えると画面上から曖昧に自機を狙う弾を連射する雑魚が5体と毛玉編隊が画面左から左右交互に4セット出現する。これらが2セット繰り返される。
4面道中前半3 4面道中前半4 4面道中前半5
出現順序と敵の動き方 雑魚を倒しながら右へ 5体倒したら毛玉に注意しつつ元の位置へ
あらかじめ画面中央左側で構えておく。2から雑魚が出現したら移動を開始する。その際、雑魚出現前に出現位置を通り過ぎてしまわないように。毛玉編隊は開幕と違い、弾を撃たないので、体当たりにのみ注意していればいい。

続いて画面上から左右交互に自機狙い5way弾を連射する雑魚が14体出現する。最後の2体は左右同時に出現する。雑魚撃破時に周囲の弾をアイテムに変化させる。
4面道中前半6 4面道中前半7
耐久力が高めな上、徐々に出現間隔が短くなっていくのが厄介。ここは無理せず決めボムを撃ったほうがいい。追いつけないと感じたらさっさと撃とう。倒したときに点アイテムを多めに落とすが、上部回収はせず、降ってきたものを拾う程度にしておこう。

最後は画面左から左右交互に毛玉編隊が16セット登場する。毛玉は撃破時に撃ち返し弾を撃つ。撃ち返し弾は4セットおきに変わり、「自機狙い3way青丸連弾→自機狙い5way赤丸連弾→自機狙い収束弾→三種混合」の順になっている。撃破しなければ全方位自機狙い弾を撃つ。
ただし、霊符、幻符の場合は注意。
霊符は出現する側でないほうでショットを撃ち、ホーミングだけで倒していくほうがいい。撃破後は逆側へ移動する。
幻符は低速ショットだと毛玉の移動速度についていけずに撃ち漏らすことがある。この場面は高速ショットをメインに使っていこう。

まずは青丸弾の対処法。
4面道中前半8 4面道中前半9
出現方向に向かって移動&攻撃し、アイテム回収 回収後、次の編隊も同様に行動
青丸弾は弾速が速いため、毎回上部回収するのが厳しいと感じた場合は、2編隊につき1回行うようにしよう。

続いて、赤丸弾の対処法。
4面道中前半10
基本は青丸弾と同じ
こちらは青丸弾よりも弾速が遅いので毎回上部回収できるだろう。
4セット終わったら次の収束弾に備えて素早く下がっておくことを忘れないように。

そして自機狙い収束弾。
4面道中前半11 4面道中前半12
収束弾は少しずつチョン避け 4編隊倒したら、ばら撒かないようにしつつ移動
収束弾はばらけさせないよう、チョン避けで避けていくこと。4セット目を倒した後も、きちんと弾が収束する効果音を確認してから動くようにしよう。確認してから移動しても次の編隊の出現には十分間に合うので、焦らないように。

最後は三種混合の撃ち返し弾。
4面道中前半13 4面道中前半14
収束弾をばらけさせないよう注意しつつ反対側へ 先と同様にチョン避けし、隙間を上へ抜ける
意外と厄介な混合撃ち返し。2セットごとに切り返すが、ここも収束弾の誘導が重要。ただ、先の収束弾の時と違い、次の編隊出現までが短いので、移動は素早くすること。
霊符、幻符の場合、ショットの特性ゆえに、切り返しをせずチョン避けのみでかわす方法が安定しやすい。

これらの撃ち返し弾はパターン化が重要。もしパターンが崩れたらボムを使ってでも体勢を立て直そう。また、倒さなければ全方位自機狙い弾しか撃ってこなくなるため、難しいと感じたらショットを撃たずにやり過ごすのも一手。


◆ 中ボス リリーホワイト ◆

画面中央に出現し、ワープを繰り返しながら自機狙い収束楔弾+全方位米粒弾発射を4回撃ち、その後画面中央にワープし、画面上に移動しながら弾をばら撒く。これを繰り返す。ワープ位置は収束弾の段階では自機真上、ばら撒き弾直前は画面中央で固定。
4面中ボス1 4面中ボス2 4面中ボス3
収束弾を左右どちらかに誘導 チョン避け中は斜めから来る米粒弾に注意 ばら撒き弾が自機に迫ってきたらボム
ここはばら撒き弾の段階で決めボムを撃つ。
最初の収束弾は画面左右に誘導し、そこから中央に向かってチョン避けしていく。ワープ位置は決まっているため、このようにすれば幻符以外のキャラでも撃ち込むチャンスが増える。
次は再び収束弾が来るので、ボムの効果時間中に画面左右によっておくことを忘れずに。
霊符の場合、2ループ目のばら撒きまでに倒せないことが多い。その場合はもう1ボム撃つようにしよう。

撃破後にボムアイテムを落とす。ただ、撃破後すぐに敵が登場するため、上部回収する場合は注意が必要。


◆ 道中後半 ◆

中ボス撃破直後から毛玉編隊のラッシュ。毛玉は道中前半と同様の撃ち返し弾を撃ってくるもの、前半開幕と同様の自機狙い連弾を撃つもの、全方位自機狙い弾を撃つものの5種類が出現する。
4面道中後半1 4面道中後半2
ここはかなりアドリブの要素が強い。中ボス撃破にかかった時間によって左右どちらからラッシュが始まるかが変わる上、絶え間なく左右交互から敵が出現するため。ボムと結界を駆使して乗り切ろう。2ボムが目安。
敵が撃つ弾は形は違えどすべて自機狙いなので、極力細かな動作で避けることを心がけよう。アイテムは無視して安全に進むことを最優先する。

ラッシュ終了後は、道中前半のような5way弾連射の雑魚が14体登場。左から交互に出現し、最後の2体が左右同時に出現する点も同じ。ただ、自機狙いではなく、真下へ撃つ。
4面道中後半3 4面道中後半4
基本は前半と同様だが、自機を狙うことはなく、また前半と比べ中央にまとまって出現するようになっているため、ボムなしでも十分突破可能。最後の2体同時に出現する雑魚も焦らず1体ずつ順に倒していけばいい。
ただ、幻符はホーミングが脇から出てくる毛玉に向かってしまい、倒せないことが多い。そのため、幻符のみ決めボムを撃ったほうがいい。

続いて画面上から自機狙い弾塊を撃つ雑魚が左から左右交互に4体、画面左右から毛玉編隊が出現する。4セット登場する。
4面道中後半5
この敵の撃つ自機狙いは道中前半に登場した曖昧に自機を狙うタイプ。気持ち大きめにかわすようにしよう。そこさえ注意していれば、後はセオリー通り、どちらか一方を瞬殺し、もう一方の弾はばらけさせないよう、引きつけて避ければいい。毛玉は弾を撃たないので見る必要はない。
後半2セットは若干弾速が速くなり、さらに4セット目は出現間隔も短くなるが、基本は変わらない。焦らず対処していけば問題ない。

最後は画面上中央から発狂雑魚が出現する。
4面道中後半6
この雑魚は異常に耐久力が高く、攻撃も厄介。そのため、ここは弾が迫ってきたら決めボムで突破する。
どのみちこの雑魚は撃破時にボムアイテムを落とすため、差し引きゼロになる。


<< Stage3 TOP Stage4Boss >>

(GC)GAMEHA.COM - ゲーム派ドットコム