×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

□ モンスター辞典 □


戻る


モンスター HP 攻撃力 防御力 スキル1 スキル2 スキル3 アイテム1 アイテム2 アイテム3
説明
森マイマイ 45 6 7 堅殻 - - 殻のカケラ - -
堅い殻を背に持つ小型生物。基本的に攻撃性はあまり無く、身の危険を感じると殻の中に隠れてしまう臆病な性質。
針ネズミ 45 7 7 堅い針 - - ねずみの針 - 長い針
森に生息する小型のネズミの一種。体中が鋭い針で覆われており、小さいと油断しているとその針で刺される。
ひっかきモグラ 51 8 8 鋭利な爪 - - 土竜のカギ爪 やわらかい皮 -
地中で生活し、獲物を求めて地上に現れるモグラの一種。小さな体に不似合いな鋭い爪で、獲物を引き裂く。
クローラー 90 12 10 絡みの糸 - - 小さな鉄爪 - -
何年もかけ巨大に成長する大イモムシ。獲物を捕まえる糸に冒険の行く手を遮られる事が、何度もあるだろう。
毒吹きアゲハ 57 8 8 毒のリンプン - - 蝶の羽 - リンプン
樹海の低層に生息しているが、危険な毒を持っているため、初級の冒険者は十分に注意しなければならない。
オオサボテン 90 13 10 ダブルニードル - - サボテンの棘 サボテンの幹 -
年月を経たサボテンが魔物と化したもの。体中、無数に生える鋭い針を発射し遠くに離れた獲物を攻撃する。
オオテントウ 81 10 11 風の瞬き - - テントウの爪 ナナホシの甲殻 -
地上にいるものよりもずっと巨大なテントウムシ。その巨体からは想像付かないほどの俊敏さを有している。
ボールアニマル 87 10 13 ローリング - - 伸縮する皮 甲殻の突起 -
丸くなって転がる小型の動物。体の表面が堅い皮膚で覆われており、小さいながらもその体当たりは強烈である。
シンリンサイ 158 15 11 角撃 力溜め - 赤角のカケラ - 巨大な赤角
角のみが長く巨大化したサイ。普段は大人しいが、一度興奮すると手が付けられないほど凶暴になってしまう。
マイマイダイオウ 96 12 12 粘液 - - 金属質の殻 - 黒金の薄殻
他のマイマイを統べている、カタツムリの王。より立派な殻を持ち、一度付着すると中々取れない粘液を吐く。
イビルアイ 130 17 14 麻痺睨み 体当たり - 粘着質の羽皮 - 水晶の眼球
浮遊している奇妙な生命体。その巨大な瞳に睨まれれば、一瞬で体が麻痺してしまう危険極まりない能力を持つ。
キューブゼラチン 114 13 14 溶解液 - - ゼラチン質の核 - 繊維状の薄皮
樹海で独自の進化を遂げた粘液状の不定形生命体。非常に柔軟な肉体を持つので生半可な攻撃は効果が低い。
サイミンフクロウ 108 13 14 眠りの粉 - - 大鳥の羽 - -
特殊な模様と羽が美しい巨大フクロウ。謎の粉で冒険者を眠りにつかせ襲い掛かる。
ラフレシア 220 20 15 毒の花粉 捕食の冷気 - 大きな花びら - しなやかなツル
人間を捕食する巨大人食い花。長いツルは自由自在に動き、花の花粉には猛毒が含まれ、近づくだけでも危険である。
大キノコ 132 16 16 毒の胞子 麻痺の胞子 - 円錐形の傘 小さな花 -
樹海で進化し、人を襲うようになったキノコの化け物。大きな傘からふき出す胞子には強い猛毒が含まれている。
エリマキトカゲ 138 16 17 ひっかき - - 柔らかな短角 エリマキ状の皮 -
森に生息する小型のトカゲ。大きなエリで敵を威嚇するが、それでも敵が退かない場合は鋭い爪で攻撃を仕掛けてくる。
ジャイアントモア 144 16 17 突撃 - - 大鳥の尾羽 - -
樹海に生息する、巨大な鳥の仲間。しかし退化した翼では空を飛べず、代わりに発達を遂げた脚力は凄まじい。
怪しい石像 180 23 17 石化ブレス - - 砕けた石片 天河石 穴空きの石片
長い年月放置され続けていた石像が動き出した謎の魔物。魂持たぬその吐息には石化の呪いが宿っており危険である。
大イノシシ 180 23 17 猪突猛進 - - 真鉄の牙 獣の厚皮 -
森に棲む大型のイノシシ。その体重を活かした、激しい突進を得意とするので、戦いの際は注意が必要である。
かみつき草 201 19 20 手かせのツタ 盲目のトゲ - うごめく球根 弾力あるツル しなる枝
樹海で進化した恐ろしい植物。接近する獲物には、見境なくかみついてくる。ただの草と甘く見るのは危険である。
ガラガラノヅチ 162 19 19 惑尾 コロシップオーラ - 紅鉄のカケラ - 紅鉄のウロコ
大きな尾を持つヘビに似た生物。威嚇する時、尻尾を大きく振る。その音は人間の神経を冒し頭痛を起こさせる。
火炎トカゲ 165 19 20 火の息 火炎の吐息 - 深緑の羽皮 千切れた緑尾 -
熱に耐性を持ち、発火能力を身に着けている危険なトカゲだが、炎にさえ気をつければ手強い相手ではない。
ヨロイリュウ 206 25 20 鎧固め - - 鎧竜甲 - 鎧竜甲の芯骨
森に棲む巨大なカメの一種と思われる。非常に堅い皮膚と棘で背中が覆われており、剣などは簡単に弾いてしまう。
アクタイオン 213 26 20 デスホーン 恐怖のいななき - 鋼鉄の大角 - -
複雑で長大な角をもつ野鹿。メスを奪い合うために鍛え上げられた角の一撃は、非常に強烈である。
グリュプス 183 21 20 引き裂く爪牙 切り裂く風牙 - 鋼の鋭嘴 純白の冠羽 -
鷲の頭と獅子の下半身を持つ伝説と思われていた魔物。漆黒に輝く爪は鋭く、風すら巻き起こすと言われている。
レッドゼラチン 183 21 21 溶解液 - - ゼラチン質の赤核 - 凍りついた繊維
キューブゼラチンと同種と思われる謎の生命体。色に変化は見られるが、それほど大きな個体差はないようだ。
サクランフクロウ 171 20 22 混乱の粉 - - 発光する尾羽根 - 呪鳥の爪
森の中で遭遇すると、そこが墓場になると恐れられているフクロウ。謎の粉で、冒険者を狂気に誘う。
サウロポセイドン 500 32 25 力溜め 疾風疾駆 - 怪物の大腿骨 - -
樹海内でも最大級の大きさを誇る獣。草を主食とする温厚な生物だが、その巨大な足で踏まれればひとたまりもない。
スノーゴースト 201 22 23 スノーブレス - - 白玉石 - -
雪の塊が仮初めの命を得て動くようになった魔物。群れで行動する性質があり、単体になると仲間を呼ぶらしい。
フィッシュマン 207 23 23 鋭い顎 - - 青いヒレ - ぬめったウロコ
幾度にもよる進化で、陸上での生活も可能になった魚の一種。獲物を求める食欲は凄まじく、強力な顎を持つ。
モリヤンマ 213 24 23 惑乱の急襲 - - 大トンボの巣材 ミント草 トンボの前羽
樹海で進化した大型のトンボ。長い体を使い、奇妙な踊りのような動きをする事で相手を縛り、捕食する。
スレイプニル 219 25 24 暴走 - - 赤いタテガミ - 白馬の蹄
早く走る事のみに特化して進化した8本足のウマ。常に樹海内を驚異的な速度で駆け、道を遮ると踏み潰される。
雪トカゲ 219 25 25 氷の息 氷雪の息吹 - 千切れた白尾 白鉄のカケラ -
火炎トカゲと同種だが、全く違う属性を有するトカゲ。息は零度を下回るほど冷たく、氷を作り出す能力を持つ。
はさみカブト 270 33 26 いらつく羽音 - - 天鉄の甲殻 - カブトのヒゲ
樹海で進化した巨大な甲虫。その甲殻は戦士の剣すら弾く硬度を持っており、羽音は脳の神経を冒してしまう。
オオヤドカリ 278 33 26 堅殻 反撃の堅殻 - 宿貝のカケラ - 無傷の宿貝
森の中で特殊な進化を遂げた犬ほどの大きさがある肉食のヤドカリ。より堅い殻と獲物を求め、森を移動している。
フォレストウルフ 285 34 26 デビルクライ シルバーファング - 純白の狼牙 純白の薄革 -
森の中層付近を徘徊する白い毛並のオオカミ。多くの場合仲間と共に行動して、獲物を狙う危険な獣である。
ブルーゼラチン 243 27 27 溶解液 粘つく体液 - ゼラチン質の青核 - -
樹海で独自の進化を遂げた粘液状の不定形生命体。色の変化だけでなく、自らの体を武器にすることを覚えた種。
レッドフィッシュ 246 28 28 食い千切り 流氷の尾びれ - 赤いヒレ - ぬめった赤ウロコ
他のフィッシュマンより更に進化を遂げた上位種。極寒の環境に適応し、自身も氷を生み出せるようになった。
スノーバード 252 28 28 白い翼 - - 白鳥の羽 赤木のツタ -
樹海でも極寒の地に生息するトリ。全身雪のように白く、その白い翼には、不可思議な力が宿ると恐れられている。
危ない石像 310 37 29 石化ブレス ライトニング - 蒼石の腕 螢石 -
怪しい石像と同型の魔物。体表にある紋様の力によって術式を発動し、近付く者には強力な攻撃を浴びせる。
暴れ野牛 510 40 32 巨牛の行進 - - 金属質の突角 野牛の毛皮 -
樹海中層に生息する野牛。非常に好戦的で、その大きな角で突くように目の前を通る冒険者に襲いかかってくる。
軍隊バチ 291 32 31 蜂針 - - 密林蜂の毒針 コケイチゴ -
樹海に生息する危険な毒針を持つハチ。常に群れで行動し、テリトリーを侵した相手を執拗に付けねらう危険な存在。
ライチョウ 297 33 32 雷撃 - - 金色の鶏冠 - -
森に棲む比較的小型のトリ。翼の退化に伴い、電気を発生させるという特殊能力を得て獲物を捕食している。
ベノムスパイダー 304 35 35 巻きつく糸 - - 粘着質の糸 - -
樹海に棲むクモの中で、最も危険な種類。クモの糸を器用に操り冒険者の自由を奪ってしまう恐ろしい技を用いる。
デスストーカー 373 46 36 悪夢の針 - - 紫の尾針 天鉄の長針 -
毒を持つ巨大な尾で冒険者を襲う、樹海奥深くに棲息する大サソリ。致死性の毒は凶悪で徐々に体の自由を奪う。
七色テントウ 311 35 36 風の瞬き - - 虹色の薄殻 - -
七色に輝く甲殻を持つ巨大なテントウムシ。鮮やかな紋に目を奪われていると、素早い動きに惑わされ危険である。
カマイタチ 317 35 35 カマイタチ - - 鋭利な薄刃 - 風斬りの鋭刃
腕が刃のような空飛ぶイタチ。風の如き素早さで簡単に姿を捉えられず、気付いた時には体が切り刻まれているという。
ディアトリマ 324 36 36 巨大なクチバシ - - 輝白鋼の嘴 天青石 -
森の環境に適応し、多くのエサを一度に食べれるよう、口が巨大に進化したトリ。一度口に入れると離さない。
ビッグモス 297 33 37 困惑のリンプン フェザーカッター - 薄紫の羽 - 濃紫のリンプン
樹海にいるものの中でも特に危険で大きな蛾。毒性の強いリンプンだけではなく、羽根が強風を引き起こす。
シャインバード 337 38 37 コロシップアイ - - 黄金色の羽 黄金色の小爪 死色の細茎
鋭いクチバシを持ち、素早い動きで冒険者を惑わす鳥。冒険者の中でも動きの早い者で対抗するのが正解である。
巨大な邪花 741 50 39 大放電 死のツタ - 薄藍の花蔓 - 青紫の花弁
多くの冒険者を食らい、成長した人食い花。冒険者を絡め取る食指は強力な電気が流れ、一度捕えたら決して離さない。
レイヴン 344 38 38 恐怖の眼光 - - 蒼鳥の羽 蒼鳥の嘴 -
薄暗い樹海の闇に潜むカラスの一種。基本的に群れで生活し、鋭い眼光は常に冒険者を狙っている。
危険な花びら 316 35 39 眠りの花粉 舞い散る花びら - 危険な球根 - 危険なつぼみ
甘い香りを放つ美しい花だが、その香りには人を眠らせる効果があり、数多の無防備な冒険者を餌食にしてきた。
毒牙のイモムシ 425 51 39 麻痺糸 超毒牙 - 濃紫の短爪 - 濃紫の曲がった角
樹海の奥地で更に進化した大イモムシ。その毒牙には非常に危険な猛毒が大量に含まれている。
イエローゼラチン 433 52 40 溶解液 粘つく体液 - ゼラチン質の黄核 - -
樹海で独自の進化を遂げた粘液状の不定形生命体。粘つく体を使い、相手を直接体内に取り込もうとする。
フォレストバット 367 41 40 吸血 - - コウモリのキバ - -
樹海の中で暮らす大型の吸血コウモリ。群れで行動する生活をしており、鋭い牙で冒険者の生き血をすする。
マンドレイク 373 41 41 断末魔の叫び - - マンドレイクの根 弓なりの花枝 木炭のカケラ
人の形をした不気味な植物。戦闘力自体は低いが、それが発する奇妙な叫び声を効くと死を迎えると言われている。
闇夜の魔馬 456 54 42 ナイトメア - - 黒馬の蹄 - -
闇の中を駆け抜ける魔馬。非常に気性が荒く、人間には乗る事が不可能どころか、下手をすると踏み殺される。
ノヅチ 387 42 42 惑尾 ツタシブキ - 蒼鉄鋼の甲殻 姫リンゴ -
樹海の奥に生息する危険なヘビの一種。他の同種に比べ尾は退化したが、代わりに氷を操る能力を得ている。
ブラックウイング 393 43 42 ウィングブレイド - - 黒灰の骨片 - 黒灰の頭骨
攻撃性が非常に高い有翼の肉食獣。切れ味の鋭い大きな風を発生させ、一度に多くの獲物を狩る恐ろしい獣である。
ゼラチンキング 651 58 46 溶解液 王の中の王 - ゼラチン質の黒核 - -
多くの粘液状の不定形生命体の王と呼ばれる存在。普通のゼラチンより非常に大きく、多くの下僕を従えている。
白銀の銃兵 495 58 46 白銀の狙撃 白銀の乱射 - 金剛鉄の殻 金属片 金剛鉄の上腕
殺傷能力の高い銃を構えつつ樹海の深奥を徘徊する人型の機械兵。降り注ぐように銃弾を浴びせ、敵を殲滅する。
巨大な石像 528 60 55 魅惑の石爪 - - 隕鉄の石片 - -
強固な外殻を持つ巨大な魔物。手の先には鋭い爪が生えており、傷つけられると石化の呪いがかかるという・
ジュエルリザード 360 40 44 ヘッドバット - - 青藍の皮 - 頭青石
頭に金剛石のように堅い宝石を持つトカゲに似た生物。その堅い宝石を使った頭突き攻撃を得意としている。
ディフェンダー 512 61 47 電磁波:頭 電磁波:腕 電磁波:脚 純白鋼の甲殻 純白銅髄 金属片
本来、樹海にはいないはずの機械兵。何かを守るように徘徊し、常に人間の神経を壊す電波を発する危険な存在。
死霊の兵士 520 62 48 粛清の白刃 - - 真白銀のカケラ 金属片 真白銀の塊
中は空洞なのに、何故か動く奇妙な鎧。鎧には志半ばで死んだ冒険者の無念な想いがとりついていると言われる。
アイアンアーマー 524 62 49 鎧固め 四肢潰し - 黒甲羅 葡萄石 -
ヨロイリュウがさらに幾百年も生きたもの。背中の棘がより大きく成長し、攻撃性が高まった危険な存在。
ダイオウキノコ 637 53 53 貪欲な顎 - - 金色の胞子 - 開口した傘
多くのキノコの中でも高等種と選別されるキノコの王。より明確な意思を持ち、鋭い牙を持つ顎で獲物を食す。
エリマキブラッド 646 54 54 キズナメ - - エリマキ状の赤皮 アルビノ質の柔皮 -
エリマキが血で染まったかのように赤いトカゲ。見た目に反し、傷ついた生き物を癒す習性がある。
古代ヤドカリ 656 56 56 堕落の種 古の守り - 苔生した宿貝 千年甲殻 -
多くのオオヤドカリの中でも特に長命で、長老的な存在。選び抜かれた殻は非常に堅く、ちょっとの事では割れない。
鮮血の兵士 800 72 57 力溜め 血塗れの刃 - 赤鉄のカケラ 血染めの鉄塊 -
数多の冒険者の血を吸い真紅に染まった鎧の魔物。刃のみまだ血を酸い足りず、未だ血を求めて徘徊している。
トリプルホーン 810 72 57 トライ・デス - - 純白の角質 月長石 無傷の白角
シンリンサイの突然変異で角が三つに増えた亜種。凶暴性が増し、目の前にいるものは全て角でなぎ払う。
うごめく毒樹 1152 65 57 毒の息 うごめく枝葉 - うごめく樹材 毒紫の枝 命の蜂蜜
樹海奥深くに生息する木で、枝を自在に動かし、冒険者を襲う恐ろしい樹。その枝には強い毒性があるので危険。
カーバンクル 624 53 58 灼熱の宝石 - - トカゲの王冠 緋色の薄皮 -
王冠に似たものを被った珍妙な魔物。見た目は幸福になる妖精の一種と思われているが、突然炎を吐く危険な生物。
ブラックネイル 1200 65 59 呪爪乱舞 - - 虐殺者の鉤爪 漆黒の毛皮 -
並み居る熟練の冒険者たちを死に追いやった凶悪なサル。その怪力は鎧など簡単に崩し、全てを呪ってしまうという。
モスロード 722 59 60 狂気のリンプン - - 薄赤の羽 真紅のリンプン -
樹海に生息する全ての蛾の王。鮮やかな体色は死を現す色と呼ばれ、リンプンを吸うと即座に毒が体に回る。
ハイクローラー 730 60 60 黄泉の糸 - - ダマスカスの短爪 柔らかな黒皮 金属糸
森に棲む巨大イモムシの中で最も危険な種類。強力な糸で冒険者の動きを封じてからゆっくりと捕食する。
ロードサワロ 745 62 62 ニードルシャワー - - 枯れ果てた棘 覇王樹の幹 -
暗闇の中で鈍く輝く一つ目を持つサボテンの魔物。全身より放たれる無数の針で冒険者を蜂の巣にする。
モケーレムベンベ 1800 70 70 ゲイルステップ - - 青生生魂の頭骨 紫鉄鱗 -
樹海でも、最も巨大な生物の一つ。より多くの栄養を求め肉食に変化。特に人間の肉を好む危険な存在である。
ディノゲーター 10000 80 80 甘噛み じゃれる - 硬質なワニ皮 - 銑鉄の牙
目撃例がほぼ無い希少なワニに似た生物。好奇心が強く、見慣れないものに対してじゃれつく。
手負いの襲撃者 300 17 17 麻痺の牙 - - - - -
樹海1階に突如現れた傷を負った魔物。傷が癒えると同時に知覚を通る冒険者や隊商を襲い始めた。
逃走ネズミ 414 16 17 鋭利な爪 - - - - -
冒険者をおちょくる様に姿を現しては逃げて行くすばしっこい魔物。ガスコイン卿が毛皮を欲しがった。
血塗れの魔物 702 29 23 石化ブレス - - - - -
普段は上層に棲む筈だが、餌を求めて活動範囲を広げた魔物。街を目指して樹海を下り人々を震撼させた。
キラーフィッシュ 693 25 26 鋭い顎 - - - - -
居住区に住む娘の婚約者を、ひと呑みにしてしまった魔物。婚約者の仇を討ちたいと願う娘に代わり冒険者に討たれた。
飢えた追撃者 738 28 28 食い千切り 流氷の尾びれ - - - -
常に腹を減らし、餌を求めて歩き回る、凶暴な魔物。人間を襲うこともしばしばで、今も犠牲は後を絶たない。
硬き鎧の主 951 38 29 いらつく羽音 - - - - -
正午から1時間のみ樹海に現れ、冒険者を狙った魔物。衛士に化けた盗賊に笛で操られていた。
憤怒の眼光主 864 31 31 カマイタチ - - - - -
第四階層に生息する魔物。普段は姿を隠しているが、自らの縄張りに侵入されると群れをなして襲い掛かる。
森林の暗殺者 1146 45 35 デビルクライ シルバーファング - - - -
公国砲撃協会の長を殺した凶悪な魔物。鋭い牙を持ち、素早い動きで敵を翻弄して、敵を切り刻む。
貫禄の大角 1179 47 36 巨牛の行進 - - - - 魔物のフィレ
丸々と太り、上質の肉を携える魔物。最高の美味を誇る肉を持つが、体内に毒が有り、素早く仕留める事が必要。
真紅の毒針 1200 49 37 悪夢の針 - - - - -
長大な毒針と固い体皮を持ち、群れを成して行動する、厄介な魔物。盗賊に操られ、街を襲おうとした。
悪意の獣 1350 52 41 鎧固め 四肢潰し - - - -
口に入る物を何でも食してしまう、悪食な魔物。硬い甲羅を持ち、冒険者の攻撃を弾き返す。
侵食する這者 1200 60 47 麻痺糸 超毒牙 - - - -
分泌する粘液で樹皮を溶かし、そこから栄養を吸い尽くす突然変異種。樹海の木々を食し。枯らせてしまう。
神森からの来訪者 1599 63 48 呪爪乱舞 - - - - -
第六階層に棲む強力な魔物。神の鍵を抜いた為、森を下り、翼人の戦士と死闘を繰り広げた。
極彩色の王 1368 49 50 狂気のリンプン 癒しのリンプン - - - -
魔物の子供を攫い、卵を産み付ける、樹海の虫の王者。虹色の羽根を持ち、その威容は他の魔物を震えさせる。
貪欲な草花 1652 56 50 手かせのツタ 盲目のトゲ - - - -
動物を捕食し、自らの株を増やす、樹海の食肉植物。非常に獰猛で好戦的な性格であり、近付くだけでも危険。
狂乱の角鹿 420 18 18 困惑のステップ - - 鹿の毛皮 伸縮する皮 -
大きくて立派な角と美しい毛並みの鹿。その脚が刻む怪しげなステップによって冒険者を幻惑してしまう。
激情の鹿王 580 20 20 困惑のステップ - - 鹿の毛皮 伸縮する皮 -
樹海に生息する角鹿達の王。人間を襲う荒い気性に反して知性が高く、他の角鹿よりも強力な幻惑の力を行使する。
駆け寄る襲撃者 600 22 22 麻痺の牙 - - 鋼鉄の牙 伸縮する皮 -
人間なら、簡単に噛み砕けるほど巨大な口を持つ。牙には特殊な猛毒が含まれ、少しでもかすると麻痺する。
獣王のシモベ 152 17 17 音速飛行 ヒール アタックオーラ 粘つく薄皮 伸縮する皮 -
体に不似合いな大きい翼を持つトカゲ。飛行能力があり、少しの高さの壁なら飛び越え移動してくる。
三頭飛南瓜 780 27 27 キャンドルペイン 呪いの囁き - 小さな呪骨 南瓜頭 弾力あるツル
森にいる三つ首のカボチャのお化け。常人には存在が感じられず、樹海で鬼火が出たらコイツが現れるらしい。
紅樹の殺戮者 810 29 29 毒手拳 - - 殺戮者の鋭爪 血染めの白皮 獣の厚皮
長く鋭い爪と強靭な肉体を持つ大型のサル。爪には毒があり致命傷を免れても、その毒で死ぬ場合もあるという。
森林の破王 885 30 30 頭蓋割り 雷撃の斧 - 鉄角のカケラ 獣の厚皮 -
四つ目六本腕の伝説の魔物。戦闘に特化した肉体からの攻撃は、並みの冒険者では苦戦を強いられるだろう。
飛来する黒影 1200 39 40 ダストデビル - - 翼竜の頭骨 白鉄のカケラ -
飛行能力を有する肉食獣の一種。黒く巨大な翼から発生する風は、時に鉄さえも切断してしまう威力がある。
水辺の処刑者 1215 41 41 巨大な双爪 - - 血塗れの大刃 鋼鉄の甲殻 天鉄の甲殻
樹海の高い階層に住む大型のカニで、そのハガネのようなハサミは人間でも軽々と引き裂く凶悪な力を持つ。
災いの巨神 1230 42 42 力溜め 猪突猛進 - 赤象の牙 金属質の突角 -
森の環境に適応した巨大ゾウ。好戦的で自分のテリトリーに侵入した人間を見つけると即座に突進してくる。
永劫の玄王 1440 47 48 甲羅の守り 破壊の顎 - 百年甲殻 葡萄石 -
異常なほど堅い甲羅を持つ巨大なカメ。肉食で樹海に挑む冒険者をエサと認識して強靭な顎で食らいついてくる。
幻惑の飛南瓜 1470 48 48 キャンドルペイン 洗脳音頭 - 呪詛の小骨 薄藍の花蔓 呪縛のツル
常人には存在が感じられないカボチャの魔物。時折闇の中から手のようなツルを動かし、冒険者を誘い出して襲う。
死を呼ぶ妖鳥 1650 51 65 石化の輝き - - 石化鳥の嘴 蒼鳥の羽 -
樹海の奥深くで巨大になったニワトリのような生物。そのクチバシに触れてしまうと、人は石像となってしまう。
漆黒の魔騎士 1755 57 57 死の黒刃 - - 漆黒の鉄鋼片 金属片 -
城の中を徘徊する闇夜に溶け込む漆黒の鎧。既にこの世のものではない存在が故に、振るわれる剣は呪いに満ちている。
銀板の監視者 465 55 42 電磁波:頭 電磁波:腕 電磁波:脚 金属片 - -
侵入者を常に監視する機械兵。ジャガーノートが鎮座する、広間を守護し訪れる冒険者を排除する役目を担っている。
さまよう魔眼 3500 85 62 呪われし眼光 - - 悪魔の骨翼 真白銀のカケラ -
樹海の奥で目撃されている謎の浮遊生物。複数存在する瞳のようなものに見られると呪われてしまうらしい。
ディノティラノ 3100 65 66 力溜め 捕食 - 骨竜の胸殻 氷長石 剣状の肋骨
樹海の奥深くに生息する凶暴な肉食獣。鋭い牙で獲物を捕えると一飲みで食らい尽くしてしまう貪欲な食欲を持つ。
アステリオス 2900 79 79 ウォーハンマー - - 玉鋼のカケラ - 戦斧の刃片
牛の頭を持つ、大男のような化物。森で人間を見つけると巨大な斧を振り回しながら、執拗に追いかけてくる。
冥界の来訪者 3200 80 80 暴虐の牙 - - 輝く尾骨 - 来訪者の角
樹海でも最強の部類に属する凶悪な魔物。その鋭利な牙と爪の前では聖騎士の鎧でさえ切り裂かれてしまうという。
呪われし飛南瓜 3500 81 81 地獄の業火 - - 呪詛の棘骨 青白い呪骨 -
地獄の使者というカボチャの魔物。大きく開かれた口から吐き出される超高温の炎は、鉄をも容易に溶かしてしまう。
地中の襲撃者 1590 51 53 鋭利な爪 - - 土竜のカギ爪 やわらかい皮 土竜の剣爪
森の低層にいたモグラ達よりずっと凶暴な気性と強力な爪を持つ魔物。地中を素早く移動し、冒険者に忍び寄る。
音速の殺し屋 1605 53 53 引き裂く爪牙 切り裂く風爪 - 鋼の鋭嘴 純白の冠羽 緋緋色金の骨髄
翼で巻き起こす風を操って、神速で移動する魔物。鋭利な爪から繰り出される強風は、見えない刃となり人間を襲う。
野生の千角獣 1635 54 54 デスホーン 恐怖のいななき - 鋼鉄の大角 - 千角獣の大角
他のアクタイオンを統率する野鹿の長。その証の角は優美だが美しさに惑わされると命を落としかねない。
白雪の魔神 1665 56 56 スノーブレス - - 白玉石 - 白魔石
小さな体に強力な力を秘めた魔物。その魔力は他の同種の比ではなく、歴戦の冒険者でも油断すれば氷雪に埋もれ死ぬ。
超危険な花びら 1695 56 57 眠りの花粉 舞い散る花びら - 危険な球根 危険なツル 危険なつぼみ
危険な花びらより更に危険な花の魔物。特殊な花粉により強制的に眠らされた人間は、緩やかな死を待つのみである。
刈り尽くす者 1200 20 25 大切断 蛮力の大鎌 - やわらかな大鎌 - 花切りの大鎌
樹海で成長した、大型の肉食カマキリ。大きな鎌を振るい執拗に冒険者を追跡するが、持久力はあまりないようだ。
樹海の炎王 2100 44 44 炎神の憤怒 恐怖の咆哮 - 炎王の背角 - -
ドラゴンに類似する、巨大な魔物。体内で特殊な気体を生成し、勢いよく吐く事で高温の炎の塊を吐き出す。
魔界の邪竜 3000 50 50 古蛇の毒牙 - - 邪竜の紫鱗 - -
複数の首を持つ凶悪な魔物。有毒の牙を持つ頭は一つずつ意思が有り、狙った冒険者に同時に襲い掛かってくる。
樹海の雷王 4000 70 70 恐怖の咆哮 憤怒の雷撃 - 雷王の背ビレ - -
ドラゴンに類似する、巨大な魔物。強力な電気を生み出し自在に操る事で、雷レベルの威力の攻撃を仕掛けてくる。
緋緋色の剣兵 3870 84 84 殺戮の光刃 - - ウーツ鋼のカケラ 金属片 緋緋色金の剣片
両手に危険な光線剣を携えた機械兵。近付く者は誰であれためらわず切り捨ててしまう感情の無い存在である。
全てを喰らう魔竜 5000 75 75 力溜め 悪夢の晩餐 - 邪竜の晩餐 - -
鋭利な牙を持つ、樹海内でも危険度の高い、多頭の魔物。中心にある頭の命令で統率の取れた危険な攻撃をしてくる。
樹海の氷王 7000 82 82 氷王の鉄槌 - - 氷王の頭角 - 氷王の剣骨
ドラゴンに類似する、巨大な魔物。空気中に存在する水分を吸収し氷の塊に変化させて獲物を一網打尽にする。
キマイラ 1400 22 22 スネークパイル 劫火 双連撃 魔獣の蛇尾 - 魔獣の硬翼
幾つもの動物を繋ぎ合わせてうみだされたかの如き怪物。多くの魔物を引きつれて、冒険者の行く手を阻む。
炎の魔人 2100 40 40 狂乱の咆哮 極炎撃 悪夢の抱擁 紅蓮の膜翼 - 鋭い剣爪
第二階層の赤き森を守護する魔人。吐息にすら炎が宿り、森を侵す冒険者達をその怒りでもって全て焼き尽くす。
アーテリンデ 1900 48 55 愚人の毒 もつれ糸 血の降るへや 巫医の呪衣 - -
ギルド、エスバットの一人。腕の立つドクトルマグスの少女で、その戦闘力の高さは公国でも最高の部類に入る。
ライシュッツ 1700 48 55 フレイムショット アイスショット サンダーショット 魔弾の欠片 - -
ギルド、エスバットの一人。腕の立つガンナーの老人で、魔弾の銃士の二つ名を持つ。アーテリンデの守役的存在。
スキュレー 3100 55 60 クライソウル 六つの罪 這い寄る触手 氷姫の雪蔓 - 氷姫の尖骨
第三階層に鎮座する、麗しい氷の魔物。慈愛に満ちた抱擁を受け入れたが最期、彼女を彩る氷の一部と化してしまう。
ハルピュイア 4000 62 40 絶望の大爪 ストームフェザー 金切り声 妖鳥の翼 - 女王の風切り羽
大空を支配する巨鳥の女王。美しい唇から紡ぎ出される奇妙な音色は、神経を狂わせ冒険者をゆっくりと死に導く。
ジャガーノート 4500 77 80 完全破壊 巨角の一撃 ブン回し 守護獣の大角 守護獣の鉄膚 緋緋色金の尾骨
空飛ぶ城の奥深くで、古より森と城を守り続けてきた魔獣。鎧の如き表皮と角牙によって武装された体に隙は無い。
オーバーロード 5000 70 70 REPAIR MACV AACV - - -
天の支配者、上帝といった二つ名を持つ天空の城の王。人の身を捨て、不死の身体を持って天上に座する存在。
オーバーロード 8000 75 75 美しき陽光 凍雨と雨氷 雷鳴と我が身 上帝の逆鱗 - -
天の支配者、上帝といった二つ名を持つ天空の城の王の真の姿。圧倒的な力で冒険者の前に立ち塞がる。
サラマンドラ 4100 85 80 クラッシュテイル 獄炎の吐息 戦慄の死声 焔鉄の骨髄 - 焔の吐息
燃え続ける炎をまとう巨大な魔物。低層に巣を構えるが、余程腕に自信のある冒険者以外、退く方が賢明だろう。
ゴーレム 6000 80 90 リフレクション ロックハンマー マルチハンマー 石像のカケラ - 石像の豪腕
樹海の奥深くに眠る謎の人工生命体で、誰が何の理由で作ったかも定かでない。近付く者全てを攻撃する森の守護者。
ワイバーン 8000 90 90 ウィングクロー テイルストライク 大翼の旋風 飛竜の牙笛 - 飛竜の翼
古くから生きる竜種の一つ。非常に大きな翼を持つ飛竜で大空を舞いながら、地上を焼き尽くす光を放つという。
ヘカトンケイル 12000 88 100 奈落からの慟哭 メガリスメテオ 百烈震 千手巨人の魔皮 - 千手巨人の杭
人工的に生み出された巨人。数多の腕には幾つもの武器が持たれ、全てを破壊し尽くすまで攻撃を止める事は無い。
偉大なる赤竜 12000 92 100 ファイアブレス とどろく咆哮 火竜の激震 火竜の逆鱗 - 火竜の牙
太古より生きる、伝説の生物である赤き竜。この竜相手に熟練の冒険者ですら、死を覚悟して戦いに挑むという。
氷嵐の支配者 12000 92 100 アイスブレス アイスシールド 氷河の再生 氷竜の逆鱗 - 凍てつく翼骨
太古より生きる、伝説の生物である青き竜。三つの首から放つ様々な攻撃を防ぎきれる者はいないという。
雷鳴と共に現る者 12000 92 100 サンダーブレス 古竜の呪撃 古竜の怒号 雷竜の逆鱗 - 雷竜のヒゲ
太古より生きる、伝説の生物である黄色の竜。雷を自在に操り冒険者を攻撃するという恐るべき相手である。
始原の幼子 25000 110 110 踊り狂え 我の怒り 我の悲しみ 原初の果実 - -
天の支配者が生み出した人工生命体の始原の物。上帝すら凌駕する異常な生命力を持つ魔の存在。


戻る