×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

□ 砂漠の街レサ □


戻る

船乗りの墓場と比べ、敵の強さはこちらのほうが上だが、徘徊する敵の数はさほど多くない。
敵をかわせる自信があるならこちらを先に攻略するのもいいだろう。
骸骨には聖光属性が共通して有効。蜘蛛にこれといった弱点はないが、状態異常がどれも効く。

スケルトン(素手)
HP 40 MP 10
攻撃力 40 防御力 45
精神力 20 敏捷性 35
痛恨の一撃発生率 -
経験値 32 結晶 20
ドロップアイテム -
備考 -
行動一覧 打撃攻撃 敵単体に打撃属性ダメージ
戦術 突刺は効果が薄いため、斬撃、打撃で攻めよう。
打撃攻撃しかしないので、防御力より打撃耐性があるといい。



スケルトン(剣)
HP 60 MP 10
攻撃力 57 防御力 45
精神力 40 敏捷性 35
痛恨の一撃発生率 -
経験値 65 結晶 25
ドロップアイテム ロングソード(2%)
備考 -
行動一覧 通常攻撃 敵単体にダメージ
斬撃攻撃 敵単体に斬撃属性ダメージ
戦術 序盤は耐性で軽減できない通常攻撃のほうに注意が必要。
回復は早めに行うようにしよう。



ツヴァイハンダー
HP 97 MP 10
攻撃力 75 防御力 55
精神力 50 敏捷性 30
痛恨の一撃発生率 1/3
経験値 170 結晶 35
ドロップアイテム ツヴァイハンダー(2%)
備考 -
行動一覧 通常攻撃 敵単体にダメージ
斬撃攻撃 敵単体に斬撃属性ダメージ
戦術 最も怖いのは痛恨の一撃。序盤は一撃で倒される危険もある。
出現する可能性があるなら必ず痛恨耐性をつけておくこと。



グレートスケール
HP 800 MP 10
攻撃力 200 防御力 180
精神力 120 敏捷性 47
痛恨の一撃発生率 -
経験値 800 結晶 110
ドロップアイテム グレートスケール(3%)
備考 -
行動一覧 斬撃攻撃 敵単体に斬撃属性ダメージ
ダブルエッジ 敵単体に斬撃・運命135属性ダメージ
獄炎斬 敵単体に斬撃・炎熱属性ダメージ
力をためる 次のターンの通常攻撃のダメージ2倍
通常攻撃
(力をためる使用後)
敵単体にダメージ
戦術 特技を繰り出せるのは1〜2回だけだが、攻撃力が高いため、HPには余裕を持たせておくこと。
どの攻撃も回避可能なため、盲目にすると被害を抑えることができる。
有効度は50%だが、長期戦になりそうなら狙ってみる価値はあるだろう。



フロアウォーカー
HP 70 MP 10
攻撃力 45 防御力 30
精神力 20 敏捷性 35
痛恨の一撃発生率 -
経験値 15 結晶 30
ドロップアイテム -
備考 -
行動一覧 通常攻撃 敵単体にダメージ
様子を見る 何も起こらない
戦術 見た目に反してHPは高めになっている。序盤は油断してHPの回復を怠らないように。
特殊な行動はしないので、そこさえ気をつければ問題ない敵。



バットイーター
HP 100 MP 10
攻撃力 60 防御力 37
精神力 30 敏捷性 28
痛恨の一撃発生率 -
経験値 35 結晶 50
ドロップアイテム -
備考 -
行動一覧 通常攻撃 敵単体にダメージ
糸を吐く 敵単体に射撃属性敏捷性減少効果+よろめき
戦術 糸を吐くで敏捷性を下げられると先制される可能性が高くなる。
その分余計なダメージを受けやすくなるため、素早く倒したい。



ルーフウォーカー
HP 80 MP 10
攻撃力 55 防御力 46
精神力 40 敏捷性 25
痛恨の一撃発生率 -
経験値 25 結晶 50
ドロップアイテム -
備考 -
行動一覧 通常攻撃 敵単体にダメージ
糸を吐く 敵単体に射撃属性敏捷性減少効果+よろめき
戦術 ステータスはバットイーターに劣るが、こちらは一度の出現数が多い。
全体攻撃があれば問題ないが、ない場合は糸を吐く対策によろめき耐性があるといい。



バジリスク
HP 700 MP 10
攻撃力 155 防御力 115
精神力 107 敏捷性 31
痛恨の一撃発生率 1/3
経験値 800 結晶 500
ドロップアイテム -
備考 単体で出現する
行動一覧 通常攻撃 敵単体にダメージ
石化の視線 敵単体に視線・聖光属性ダメージ+石化
毒のブレス 敵全体に毒効果
酸のブレス 敵全体に酸毒属性ダメージ
攻撃戦術 状態異常がどれも有効なので、そこを狙って攻撃していけばさほど苦戦はしない。
それに合わせ、対鱗、対竜属性の武器があれば効率よくダメージを与えられる。
防御戦術 戦闘後に回復しない石化、大ダメージを受ける痛恨の耐性は必ずつけておきたい。
毒耐性は必須ではないが余裕があればつけておくといい。
状態異常で行動を封じるにせよ、防御面も怠らないようにすること。


戻る